CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SEARCH THIS SITE
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
<< 次世代住宅ポイント◆COVID-19(新型コロナ)影響案件について | main | MADO◆全国店舗の施工例が3.6万件以上集まったらしい! >>
MADO◆「東金沢小坂店」が4/19で6周年を迎えました!
0

    どうもです、カワコーのばたさんです。
    今日は「MADOショップ」についての話題です。

     

    今年の4月でYKK APのMADOショップ事業が10周年の大きな区切りを迎えたということはこのブログでも何度か触れさせていただきましたが、当店「東金沢小坂店」もまた春に産声を上げていたことを思い出したので、記事ネタとして利用させていただきます。

    ⇒ Blog「MADOショップが10周年を迎えました!

     

    MADO◆「東金沢小坂店」が4/19で6周年を迎えました!

    MADOショップ 東金沢小坂店」が誕生したのは、2014年4月19日でした。ですので、今年で丸6年が経過したことになります。
    振り返ると、本当に早いなという印象です。

     

    当社「カワコー」におけるMADOショップの取り組みは、積極的かと言えば、実際のところそうではないというのが現状かと思います。
    MADOショップ事業として、具体的・計画的に社内で事業計画がなされているわけではなく、事業として各スタッフが連携をとって動きが取れているという評価も難しいでしょう。
    ただ、本当に少しずつかもしれませんが、徐々に変わりつつあるのではないかと個人的には思っております。

     

    お客様目線はMADOショップ加盟の有無にかかわらず大切にしてきたという自負はありますが、MADOショップに加盟して、他店舗の取組等も見る機会が増えてきた中で、相対的に自分たちのサービスを見つめ直すきっかけになっていることは間違いないと思います。

     

    全国に展開されているMADOショップ加盟店の温度差は、本当に店舗によって様々だと思われます。
    全体として10年という歴史となると、当然「成功組」と「失敗組」とに分かれているのが実際かと思います。

     

    ただ、世の中の流れとして、専門業やニッチ業界が台頭するようになっている世相から判断すると、窓の専門家としてエンドユーザーと直接の関係性を築く方向性は間違ってはいないと思えます。つまり、ショップ形式で、エンドユーザーとの距離を縮めていくビジネスモデルは受け入れられつつあるということです。その証拠がMADOショップとしての10周年の軌跡となって表れているのだと思います。

     

    現在、MADOショップ加盟店とYKK APのメーカーが手を取り合って、新たなモノづくりの在り方も、実際に商品化のレベルで展開されるようになってきました。エンドユーザーのニーズや現場のプロフェッショナルの声をくみ取って、大手メーカーはモノづくりを行うようになっているのです。
    このような展開やメーカーとの関係性は、ショップ形式で現場に立ち続けてきたからこそなしえたものだと思います。

     

    当店もできることなら「成功組」としてショップ経営を行えたら、また違った可能性や世界がみえてくるのかもしれません。
    当店はまだまだ変わりえると思います。そう信じて、バージョンアップしていかないと、ショップ経営は失敗するでしょう。
    他店舗で参考にできるところ、吸収できることろはどんどんと見習い、成長の糧としたいです。

     

    この度、「東金沢小坂店」は6周年を迎えることになりますが、少しずつでも成長できるように努力していきます!

     

    それでは今日はここまでとします。ありがとうございました。

    | 報告ごと | 19:00 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 19:00 | - | - |
      コメント
      コメントする