CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SEARCH THIS SITE
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
<< MADOショップ◆今春のニュースレターが届きました〜 | main | 色んなメディアに手を出したわけ…自信をもって言えること >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    マイナポイントについて想いを馳せる…
    0

      どうもです、カワコーのばたさんです。
      今日は「雑談タイム」です。

       

      マイナポイント」について触れてみたいと思います。
      マイナポイントと言えば、現在盛り上がって利用されているキャッシュレス消費者還元事業の後釜のポイント還元施策として用意されているものとなります。


      マイナポイントについて想いを馳せる…

      スケジュール的には、今年の6月末にキャッシュレス消費者還元事業が終了となり、そのあと、東京オリンピックを挟み、その後、9月より実施されるのが「マイナポイント事業」で、これが令和3年3月末までの期間で行わあれることになります(7か月間)。
      (ただ、新型コロナの影響を受けて、東京オリンピックの開催に関してはかなり危うくなってきてしまいました…汗)

       

      制度的にはキャッシュレス消費者還元事業に似たようなもので、キャッシュレス決済サービスに対する前払い又は物品の購入額に応じて「マイナポイント」がもらえるというのが特典内容となります。還元率だけを見ると、25%となりますので、かなりお得な印象は受けます。

       

      但し、注意が必要です。付与可能なマイナポイントには上限があり、それはお一人当たり5000円分と決められています。ですので、25%の還元が受けられるのは、2万円までという認識を持っておく必要があります。
      キャッシュレス還元事業を積極的に利用してきた人にとってみれば、寂しく感じられるのは否めないでしょうね…。

       

      また、この制度を利用するには前提として「マイナンバーカード」を持っている必要があります。
      通知カードが届いたまま、そのまま何も行っていないという人も多いと思いますので、そのような方がこの制度を利用したいと思えば、まず「マイナンバーカード」の発行手続きをすましておく必要があります。

       

      そもそもこのマイナポイント制度は、マイナンバーカードの普及を狙った制度だと思われますので、単なるバラマキ施策ではないです。ただ、わざわざ1回きりの還元上限が設けられた特典を享受するために、行動に移す人がどれほどいるかは少し政策的な後押しが弱いような気がします。


      キャッシュレス消費者還元事業が大成功だったので、キャッシュレスの文化は定着するかもしれませんが、だからと言ってその延長でマイナポイント制度を餌にしてマイナンバーカードが普及するのかは、個人的にはうまくいくかなぁ…と思ってしまいました。

       

      [公式] マイナポイント事業
      [内閣府] マイナンバー(社会保障・税番号制度)

       

      とはいえ、自分はこういった情報発信のネタとして、マイナポイントの環境を公私ともに整えようかなとの思いもあります。
      個人のことを言えば、通知カードは配布された状態のままですし…、動機付けがなければ、そのままでしょう…。
      まぁ、そんな人らに少しでも動機付けになればとの思いで、このような施策が用意されたのだと思うと、納得はできてきますね。

       

      マイナンバーカードの保有率に関しては下記の情報が参考になるかもしれませんので載せておきます。
      シニア世代の保有率が想像以上に多かったのが驚きでした。手続きが面倒だという気持ちもありますが、社会経験として時間を見つけてやりましょうか…。

       

      [AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア] マイナンバーカード保有率は20%超え「マイナポイントに関する調査」

       


      それでは今日はここまでとします。ありがとうございました。

      | 雑務 | 19:00 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 19:00 | - | - |
        コメント
        コメントする