CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SEARCH THIS SITE
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
<< ばたさん日記◆19/12/28/土 「大掃除」 | main | ばたさん日記◆20/01/10/金 「鏡開きぜんざい」 >>
次世代住宅ポイント◆事務局が現地調査をするらしい
0

    どうもです、カワコーのばたさんです。
    今日は「次世代住宅ポイント」についての話題です。


    昨年のクリスマス、その日に次世代住宅ポイントの公式サイトにとあるページが誕生しました。
    それはちょっと世知辛い世の中だなぁ〜と思えるような内容で、事務局さんが現地調査をしますよという案内でした…。
    参考→ 次世代住宅ポイント:事務局が行う現地調査について(2019年12月25日)


    現地調査をする理由は、公正な申請を行っているかを確認するためとのことです。
    「次世代住宅ポイント事務局は、本事業の適正な実施を図るため、申請頂いた住宅に対する現地調査を行う場合があります」と言っていて、確かにポイント発行申請書の同意事項にこれに関して触れられています。

     

    第4条-2項.事務局等が行う調査等
    事務局等は、本事業の適正な実施を図るため、申請者等に対して、電話による問い合わせや追加書類の提出、対象住宅への立入りを含めた現地確認の調査についての協力を依頼する場合があります。申請者等は、これらの調査等に協力しなければなりません。


    これに関しては、以前の住宅ポイント制度でもおそらくあったのかと思いますが、今回はこうやって公表したのがちょっと新鮮でした。
    不正申請が実際のところどれほどあるのかは不明ですが、不正は回を重ねるごとに減少したのでは??というのが率直な感想です。
    というのは、不正をあらかじめ防止するような運用方法に変わってきていると思えるからです。
    そう思うと、初期の住宅ポイントは結構「制度的な穴」があったような気もします…笑。
    何事もそうですが、熟成されて良くなっていきますものね。


    ちなみに、当店の案件は、自信をもって不正はないので、利用されたお客様は仮に現地調査を言われたとしても大丈夫です!
    とはいえ、日程調整を行い、時間を割くことはやはり避けたいというのが本音ですよね…。


    ちなみに現段階において、当店の周囲ではまだこのようなケースに該当したという話は聞いたことがないです。
    実際に調査員が現地に赴き調査をするということなので、実際のところかなりの低い確率になるのかと思います。
    というか、もし周囲で該当するケースが発生したら、絶好のブログネタになりますね。
    ですので、そのようなケースに該当したら速攻で、こちらのブログで取り上げます…笑。

     

     

    それでは今日はここまでとします。ありがとうございました。

    | 住宅業界情報 | 19:00 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 19:00 | - | - |
      コメント
      コメントする