CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SEARCH THIS SITE
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
<< 当店のMADOショップで4重どりも可能です! | main | 次世代住宅ポイント◆「安心R住宅」について >>
キャッシュレス還元◆名称のあやふやさ??
0

    どうもです、カワコーのばたさんです。
    今日は「キャッシュレス消費者還元事業」についての話題です。

     

    といっても、今回は番外編としての内容となります。
    個人的に、この事業の名称が“あやふや”に使われているのでは…と思ったので、Google先生に聞いてみたのでした。


    この事業の名称ですが、正式名称が二つあります!
    公式サイトをみれば歴然なのですが、「キャッシュレス・ポイント還元事業」と「キャッシュレス・消費者還元事業」の二つが一応の正式名称となります。「・(ナカグロ)」が入っているのがミソでして、これをしっかりと認識している人は少ないのではないかと思います。

     

    ただ本来の一応の正式名称は「キャッシュレス・消費者還元事業」だったみたいですね。ただやはりポイントとして還元する事業だということで「キャッシュレス・ポイント還元事業」と表記されることが多くなり、“愛称”として、「キャッシュレス・ポイント還元事業」が幅を利かせてきたみたいです。
    → 参考:「キャッシュレス・ポイント還元事業」ってなに- 10月から最大5%還元 - Impress Watch

     

     

    では、Google先生のインデックスはどうかといいますと、12月初旬のデータとして以下のようになっているみたいです。

     

    キャッシュレス・ポイント還元事業の名称のあやふやさについて<2019/12>
    1位 約 303,000,000 件 ポイント還元
    2位 約 128,000,000 件 キャッシュレス還元
    3位 約 99,000,000 件 キャッシュレスポイント還元
    4位 約 80,100,000 件 消費者還元
    5位 約 63,600,000 件 キャッシュレス消費者還元
    6位  約 60,600,000 件 キャッシュレス・ポイント還元事業
    7位 約 49,600,000 件 キャッシュレス・消費者還元事業
    8位  約 24,100,000 件  ポイント還元制度
    9位 約 11,800,000 件  キャッシュレス還元制度
    10位  約 9,020,000 件 消費者還元制度

     

    残念ながら、正式名称である「キャッシュレス・消費者還元事業」は7位であり、「キャッシュレス・ポイント還元事業」でも6位となっています。
    上位を占めるのは「ポイント還元」や「キャッシュレス還元」ですが、これは一般用語として利用されている側面もあるのでしょう。
    よって3位の「キャッシュレスポイント還元」がこの事業を指す言葉として浸透していると判断していいのかな…。

     

    強引に結論を出そうとすると、一般的(ネット上の情報)には、正式名称より略称で呼称されることが多く、「・(ナカグロ)」が付く正式名称を利用している人は、圧倒的に少ないということでしょうか…。
    そして、当初思った通り、名称は“あやふや”であると結論付けさせてもらいます

     

    それでは今日はここまでとします。ありがとうございました。

    | 雑談 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 19:00 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック機能は終了しました。
      トラックバック