CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SEARCH THIS SITE
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
<< 次世代住宅ポイント◆リフォーム業者はほぼ「D-1」か「E-1」 | main | 次世代住宅ポイント◆在庫品を利用しても対象となるのか? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    次世代住宅ポイント◆施工前の写真を忘れた…汗 という場合
    0

      どうもです、カワコーのばたさんです。
      今回は「次世代住宅ポイント制度」の申請時のトラブルについて取り上げてみたいです。

       

      以前こちらのブログで「次世代住宅ポイント◆注意!工事写真は施工前も必要です!」ということで、工事前には必ず写真を撮ることを忘れないようにと注意喚起をさせていただきました。
      これを「忘れてしまった…」というケースを考えてみたいと思います。

       

       

      たまたま申請書を作成していく中で見つけた書類なのですが、「リフォーム用:提出免除依頼書(工事前写真)」というものがありました。

      これが存在するということは、どうしても施工前の写真を用意できなかった際には、これを提出し認可されれば、ポイント発行が可能ということになります。

       

      ただ、これがあるからといって安易に考えるべきではないかと思います。
      以下のようにやや厳格に書類を作成していますので、何度もこの用紙を利用するようなことがあれば、当然ながらその業者は目を付けられることになるかと思います。

       

      ・本依頼書は、次世代住宅ポイント制度のリフォーム工事の申請において、提出書類である工事前の写真について、特段の理由があって提出できない場合に利用するものです。事務局が認める場合、ポイントが発行されます。
      ・また、バリアフリー改修(「手すりの設置」「段差解消」「廊下幅等の拡張」のみ)の工事前写真、および工事中写真(「外壁、屋根・天井、床の断熱改修」、「耐震改修」)、工事後写真(全ての工事)は、免除されません。

      ・なお、以後の同様のことが無いよう、自社内で周知に努めます。
      ・過去に本依頼書の提出があった事業者からの依頼は受付しない場合があります。

       

      とはいえ、取り忘れたものはどうしようもできないことも事実なので、このような救済処置があるということは知っておいて損はないかと思います。


      ちなみに、カワコーは今のところ、この用紙にはお世話になっていません。そして、今後もお世話になりたくはないですね…汗。

       

       

      それでは今日はここまでとします。ありがとうございました。

      | 住宅業界情報 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 19:00 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック