CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SEARCH THIS SITE
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
<< 次世代住宅ポイント◆制度の概要をまとめようと試みましたが…汗 | main | PayPay◆08/31より当店で「PayPay」決済ができるようになりました! >>
次世代住宅ポイント◆そもそも2万以上なければ無理です…
0

    どうもです、カワコーのばたさんです。


    前回は「次世代住宅ポイント制度」の概要について紹介しましたが、注意すべきポイントはいくつかありますので今回はそれについて触れます。

     

    前に「施工前の写真も必要ですよ」と言いましたが、そもそも制度利用にあたり、付与されるポイントが2万以上でなければ、制度を利用することができないのです。

     

    開口部の断熱改修にて例に挙げさしてもらいます。
    仮に窓1か所の引違いの内窓を取り付ける場合、サイズが2.8岼幣紊梁腑汽ぅ困任覆韻譴弌∪度を利用できません。

    大サイズであれば20,000ポイント付与されますが、それ以外の場合(中サイズで15,000ポイント、小サイズで13,000ポイント)だと、2万ポイント未満となり、対象外となってしまうためです。

     

    上記の例で工事種別が硝子交換だった場合は、さらに注意が必要となります。

    引違いということで硝子交換は基本的に2枚となりますが、これらの硝子が仮に大サイズだとしても(付与ポイントは7,000)、2枚交換しても合計で14,000ポイントにしかならず、制度の対象外となってしまいます。

     

    よって、制度利用を前提としたリフォームを行う際には、付与予定ポイントが2万ポイント以上になるのかどうかをしっかりと確認してから発注してください。

    ちなみに、この2万ポイントの壁は、対象工事の組み合わせが自由となっておりますので、窓を触る必要がなければ、対象となる住宅設備を導入してみるやら、バリアフリー改修を行うやらして、2万以上を確保してから工事をなさることをお勧めいたします。

     

    それでは今日はここまでとします。ありがとうございました。

    | 住宅業界情報 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 19:00 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック機能は終了しました。
      トラックバック